健康メディア.com 月刊 Diet & Beauty
月刊ダイエット&ビューティ

Diet&Beautyは美容・健康ビジネスの総合情報紙です。
美容・健康産業の施設、メーカー、流通に携わる方に最新情報をお届けします。

毎月25日発行/12~16ページ/タブロイド判/年間購読10,000円(税別・送料込)

HOME » 施設 » 中医学に基づく「ヘッドスパ」で全身ケア

中医学に基づく「ヘッドスパ」で全身ケア

yamanobeauty.jpg深いリラクゼーションを促す緑茶の掛け流し

 東京・代々木のランドマーク、YAMANOTOWER1 階に入居する「YAMANO Salon of Beauty( ヤマノサロンオブビューティ)」は、2007 年にオープンした山野グループのニューコンセプトサロン。座席数4 席を、4 人の技術者を含む6 人で回転。平均客単価は8,500 ~ 9,000円で、立地・空間の割に価格帯が抑えられており、顧客層は30 ~ 40 代(ヘッドスパは20 ~ 30 代)と年齢が低めなのが特徴だ。

 大々的なプロモーションを行なわないものの、看板メニュー「山野式ヘッドスパ+炭酸泉」(90 分7,560 円)は、開始から8 年経っても変わらずの人気で、リピーターが絶えない。

 頭皮と頭髪へのアプローチから、全身を健康にするという目的で、中医学専門家の鳴海美紀氏を手技の開発者に迎え、徹底した手技の指導を実施した。いわゆる「リラックス」が目的のヘッドスパとは異なる。

yamanobeauty2.jpg白を基調とした明るい内装デザイン

 「ヘッドスパで、体を『整える』のです。ただツボを押し解すのとは違う」(鳴海氏)。

 上質の食用のエキストラバージン・オリーブオイルや、大正時代から続く静岡のお茶農園から仕入れた緑茶、さらに、はちみつまで使う。口に入れても安全なものを頭皮に使うというこだわりは、「本当に肌にいいものしか使いたくない」(山野光夫支配人)という熱い思いがある。美容室でありながらここまで自然素材を追い求めるのは珍しい。

続きは紙面にて→購読のご案内

2017/01/19
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo