行政・業界動向

エスグラ第8期方針を発表

(一社)エステティックグランプリは25日、第7回大会報告会・第8回大会説明会を開催した。同会では、第7回大会の様子をまとめたVTRを視聴後、今期より新理事長に就任した株式会社エルビス代表取締役の三谷愛氏が、所信表明及び第8期の方針を発表した。

三谷氏は埼玉県に7店舗、群馬県に1店舗のサロンを展開。これまで理事として広報等を担当してきた。同氏は就任にあたり「エステティシャンを輝かせる!という純粋な想いによるこの活動の火を絶やす事なく、エステティック業界やエステティックグランプリに関わる方の『希望』となるような永続していく事のできる団体を目指します」と述べた。

第8期では「希望」をテーマに、①2020年10周年のメモリアル大会の準備と中長期ビジョンの確立②エステティックグランプリに関わるサロンの繁栄③エステティシャン人口を増やす活動の3本柱を掲げる。具体的な取り組みとしては現在のフェイシャル部門に加えてボディ部門の設置を検討。地域勉強会の充実を図るためのテキストの作成などが挙げられた。

エステティックグランプリではダイエット&ビューティーフェア内で、9月13日に第7回大会のファイナリスト2名(Ange千里山店・川東由 美子氏、ANGELUX表参道店・庭野実加氏)による施術実演を予定している。

Ange千里山店・川東由 美子氏

、ANGELUX表参道店・庭野実加氏

 

イベント情報





https://www.conceptasia.jp/award2017/
PAGE TOP