技術・機器の記事

日本市場での販売網拡大でセラミック膜の提携企業を募集

セラミック膜フィルターの開発・製造を行うフランスのTAMIアンデュストリー社は、日本市場での製品販売網の拡大を目指すため、パートナー企業の募集を開始した。

セラミック膜は、他の素材の膜に比べて耐久性に優れ、耐薬品性が高く、温度にも全く影響を受けないほか、機械抵抗が高いことから、近年これを利用する分離方法が拡大している。日本市場でも食品、製薬、環境保全などの分野で需要が膨らむ可能性が高いことから、販売網の拡大により市場に攻勢をかける。

同社が提供するセラミック膜は、産業用管状膜と、実験室での試験用デッドエンド及びクロスフローろ過に使用する平膜の2種類。

特徴は、①独自形状(特許取得の非円環状の流路)による高密度化で実現された高い浸透性、②精密ろ過、限外ろ過、高度限外ろ過(特許取得の積層)に適した幅広い孔サイズの選択肢、③圧力に対する高い機械抵抗(特許取得の基板材)、④高い耐薬品性(pH0~4)、⑤高温耐性(最高300℃)、⑥目詰まりしにくい構造、⑦耐久性(平均寿命は競合する有機膜の3~4倍) など。

関連記事

  1. FDA CFR Part113 対応デジタル式温度表示計水銀温度…
  2. マイクロ波加熱装置で鮮度保持と省人化対策に貢献
  3. ノロ対策で食添殺菌料活用ソリューションの提案を加速
  4. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  5. 独自近赤外線技術で異物検出・除去から品質管理まで実現
  6. 高含油食品の連続粉砕を可能にした粉砕機を開発
  7. 悪臭対策から熱中対策まで作業環境改善をトータルでサポート
  8. オゾン殺菌効果で室内における感染リスクを低減
PAGE TOP