食品素材の記事

スイス・ホーファー社ナラの木由来の特許素材「ロブビット」の供給へ

ホーファーリサーチ社は、ヨーロッパナラの木の抽出物「ロブビット」の日本市場への紹介を始めた。

有効成分はナラの木特有のロブリン、ベスカラジン、カスタラギン、グランジニンなどのポリフェノールのほか、抗酸化成分・エラジタンニンを含有。総ポリフェノール量(没食子酸当量として)40%以上で規格化されている。ハードカプセルなどのサプリメントからドリンク、ゼリーまで、さまざまな商品への応用が可能だ。

臨床試験で解明された「運動パフォーマンス向上」「慢性疲労症候群対策」「肝機能障害対応」を訴求ポイントに、すでに米国をはじめとした海外市場においてはサプリメントで実績を有している。「運動パフォーマンス向上」についてはトライアスロンでの持久力向上効果等を確認済み。フィットネスクラブ、スポーツメーカーへの提案も進めていく。

日本市場ではトレードピアとDKSHジャパンが原料供給を行っていく。

関連記事

  1. DHA・EPA協議会 公開講演会 開催
  2. 一般食品への採用が急伸「シールド乳酸菌®M-1」
  3. CBC、コスクラ社のエンドウたん白を日本市場で本格展開
  4. コラーゲンペプチドを「トータルロコモ」素材として提案
  5. 日本製粉、国産ペーストビーツの供給開始
  6. 沖縄産植物素材を原料とした新ブランド「Charging Plus…
  7. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進
  8. 睡眠改善機能をもつカジメ抽出物
PAGE TOP