技術・機器の記事

高含油食品の連続粉砕を可能にした粉砕機を開発

日本コークス工業は、油分の多い香辛料やコーヒー豆などの粉砕に適した粉砕機「UCM300型」を開発。2015年より樹脂加工向け販売してきた「セントリカッター」の改良型として受注をスタートした。

最大の改良点は、回転刃と固定刃に-10℃のブライン不凍液を通す構造にした点だ。これにより従来、液体窒素を利用する凍結粉砕でしか粉砕が出来なかった低融点の樹脂を、常温で溶融させずに粉砕できるようになった。その冷却効果により、一般的に用いられているロール式粉砕機に比べ、香辛料やコーヒー豆などの風味を劣化させることなく粉砕が可能となる。

また、油分の多い食品の場合、従来機では付着体積が問題となり安定した連続運転が難しかったが、セントリカッターは内部構造の工夫により連続運転を可能にしている。処理能力は200~300kg/hr。特許出願中。

関連記事

  1. 無電源で使用場所を選ばない除菌水生成装置
  2. 日本市場での販売網拡大でセラミック膜の提携企業を募集
  3. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  4. 嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフード対応レオメーター
  5. ノロ対策で食添殺菌料活用ソリューションの提案を加速
  6. LEDを採用した最新の高機能捕虫器を相次ぎ投入
  7. 圧力伝達用封入液を不要にした新型圧力トランスミッタ
  8. 独自近赤外線技術で異物検出・除去から品質管理まで実現
PAGE TOP