技術・機器の記事

1時間に12サンプル抽出を実現する自動高圧溶媒抽出装置

CEM Japanは1時間あたり12サンプルの抽出処理が可能な自動高圧溶媒抽出装置「EDGE」を発売した。

EDGEが高速抽出を実現する上で要となるのが、超薄型アルミニウム製のサンプルホルダー“Q-Cup”だ。Q-Cupに使用されているパーツは3点のみながらも、ユニークなオープンセルコンセプトで溶媒の分散効果を高め急速な抽出と洗浄を可能にしている。サンプルの設置も数秒で行えるため、15グラムまでのサンプルであればおよそ5分(濾過、冷却を含む)で抽出することができる。この処理能力はQuEChERS法の6倍、ソックスレー抽出器の72倍に相当する。

操作はホーム画面のOne Toughアイコンからプリインストールのメソッドを選ぶだけ。あとはQ-Cupがチェンバーに自動的にセットされ、溶媒添加とチャンバー加熱により高効率に抽出物を捕集する。分散固相抽出、保持液抽出、高圧流体抽出、液体/液体抽出を簡易迅速に行うことができる。フルーツ、野菜、食肉、牛肉、栄養補助食品などの残留農薬分析に最適。

関連記事

  1. 簡単に食品解析が行えるハイパースペクトルカメラ発売
  2. 独自近赤外線技術で異物検出・除去から品質管理まで実現
  3. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  4. 不快な臭いがよい香りに変化
    ―裾野広がるシキボウの消臭加工…
  5. 30種類以上の天然素材を利用した消臭システムにコンパクトタイプ登…
  6. 高性能フィルタープレスの食品製造業での導入が進展
  7. 分散・乳化・混合・脱泡が1台で可能なコンタミレスのAll in …
  8. ウイルス・細菌対策用エタノール製剤「エークイックFORTE」新発…
PAGE TOP