技術・機器の記事

衛生性高めたステンレス筐体採用工業用ミキサー

日本アイリッヒは、食品向け工業用ミキサー「アイリッヒ・クリーンライン」シリーズを開発。近く本格販売を開始する。

混合容器や筐体に薬液耐性の高いステンレス素材を採用。洗浄性を高め、原料のコンタミ汚染を防止する。1台で混合、混練、造粒、スラリー化など複数の処理が行える。価格は最大処理容量5リットルタイプでおよそ1,300万円。

同機は、原料を混合させる工具および容器のいずれも回転する独自の機構を採用。混合効率を高めている。容器の傾斜角は最大30度まで可変し、原料の性状や目的に応じて調整が可能。タッチパネル操作により回転数や容器傾斜角の設定を容易に行うことができる。今年中には同50リットルタイプの製品化も予定しているという。

 

関連記事

  1. GMP対応機能搭載の高機能水分計をお披露目
  2. HACCP機能を搭載した防水型デジタル温度計を発売―佐藤計量器製…
  3. 悪臭対策から熱中対策まで作業環境改善をトータルでサポート
  4. 圧力伝達用封入液を不要にした新型圧力トランスミッタ
  5. 飛来虫侵入防止効果を高めたシートシャッターの受注加速
  6. 電解水セミナー HACCP制度化とJIS規格制定で普及拡大に弾み…
  7. マイクロ波加熱装置で鮮度保持と省人化対策に貢献
  8. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

より付加価値の高い製品開発に―日本ウォーターズ株式会社
PAGE TOP