食品素材の記事

風味を維持・健康効果も期待できるスイカ抽出物を発売

スイカの種苗を手掛ける萩原農場では、スイカの風味を壊さない搾汁法と濃縮法を開発、スイカの味と香りが保たれた濃縮加工原料「WS-A」を発売した。

スイカはもともとの成分を保持したままの加工が難しく、青果物以外の商品として利用されてこなかった。この問題を解決するため、搾汁法の工夫と低温化で果汁を濃縮する「界面前進凍結濃縮法」での製造技術を確立。さらに成分変化の少ない殺菌法を開発し、スイカの風味を逃がさないようにした。スイカに含まれる抗酸化能の高い赤色色素リコピンや、血管拡張や利尿作用を有するL-シトルリン等の機能性成分の効果も期待できる。

同社では大学と共同でスイカ抽出物の機能性を調べた結果、AGEsの産生を抑える抗糖化作用、中性脂肪低減作用などを確認している。

関連記事

  1. 酸化防止剤 ヤマモモ抽出物の粉末製剤を中食市場へ
  2. 東洋新薬、大麦若葉末の腸内細菌叢改善作用を確認
    ―東京大…
  3. 無水マレイン酸・フマル酸事業、製販一体に
    ―扶桑化学工業が…
  4. 清水化学、顆粒タイプのグルコマンナン100%製品をラインアップ
  5. 高吸収性クルクミン原料「BCM-95®」の大腸炎抑制効果
  6. 減塩―つけすぎない工夫も大事
  7. 丸紅ケミックス、中国新興メーカーのビタミンCを展開へ
  8. 鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表
PAGE TOP