関連トピックス

デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに売却

デュポン ニュートリション&ヘルスでは、同社のアルギン酸事業をJRS Groupに売却することを発表した。

対象となるアルギン酸事業は、アルギン酸純品、緩衝塩含有アルギン酸、ペクチン-アルギン酸ブレンドの特殊ポートフォリオ、関連のランデルノー生産拠点、および顧客が含まれる。

JRS Group(J. RETTENMAIER & SÖHNE Group)は、植物性の原材料を主原料とする機能性添加物の大手メーカーで、セルロース、植物由来の食物繊維素材などを製造・販売している。デュポンは2017年にFMCヘルス&ニュートリションを買収したが、その際には本件の売却が条件となっていた。

今後、デュポンN&H、FMC H&N、Dow Food & Pharmaが組み合わされた新しい体制で、食品原料、医薬品、添加物市場に独自サービスを提供していく。

 

関連記事

  1. 新規指定に向け殺菌料「二炭酸ジメチル」の安全性を評価
    ―食…
  2.  第9版食品添加物公定書が告示
  3. 三井製糖―スローカロリーシュガーを“次世代の砂糖”と位置付け積極…
  4. 第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテス…
  5. Roquette(ロケット)社、東京の食品技術センターを拡張
  6. カカオプロテインが腸内のフィーカリバクテリウムの増殖を促進し便通…
  7. 食品開発展2017 盛会裡に閉幕
  8. DHA・EPA協議会 第19回公開講演会を10/25に開催
PAGE TOP