関連トピックス

デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに売却

デュポン ニュートリション&ヘルスでは、同社のアルギン酸事業をJRS Groupに売却することを発表した。

対象となるアルギン酸事業は、アルギン酸純品、緩衝塩含有アルギン酸、ペクチン-アルギン酸ブレンドの特殊ポートフォリオ、関連のランデルノー生産拠点、および顧客が含まれる。

JRS Group(J. RETTENMAIER & SÖHNE Group)は、植物性の原材料を主原料とする機能性添加物の大手メーカーで、セルロース、植物由来の食物繊維素材などを製造・販売している。デュポンは2017年にFMCヘルス&ニュートリションを買収したが、その際には本件の売却が条件となっていた。

今後、デュポンN&H、FMC H&N、Dow Food & Pharmaが組み合わされた新しい体制で、食品原料、医薬品、添加物市場に独自サービスを提供していく。

 

関連記事

  1. 技術者のためのマネジメントに関する多角的な講演―油化学セミナー
  2. BASF、第1回「Newtrition Health Innov…
  3. えごま油の機能性研究で麻布大学に「機能性脂質学研究室」を開設
  4. 厚生労働省、第四次「消除予定添加物名簿」候補68品目を再調査―申…
  5. ヘスペリジン研究会、生鮮柑橘類や育種・生産者を取り込み広い視野で…
  6. BASF社シトラス工場3月末めどに操業再開へ
    修復状況を専…
  7. メディアミルクセミナー、牛乳で減塩・カリウム摂取・脳卒中予防
  8. 第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテス…
PAGE TOP