健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 行政・業界ニュース » 後発企業に追い風 用途特許、どう味方に 

後発企業に追い風 用途特許、どう味方に 

 OMNI国際特許事務所(大阪市中央区)の代表弁理士である小山靖氏は、「2004年頃の短期間、食品の用途発明が特許庁審判部の運用により特許されていた時期がある」と指摘。当時、「○○の旨を表示を付した食品」との表現で特許が認められていた。

 今回、食品の用途特許が改めて認められたことにより、小山氏は「後発企業にとっては追い風。先行企業により特許化された既知物質であっても、その物質の未知の属性を発見し、新たな用途への使・・・

(詳しくは11/16発行・第1608号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


【お早めに】 申込受付中 食品分野の用途特許に特化したセミナー・個別相談会

 UBMメディアでは食品分野に詳しい弁理士の先生2名をお招きし、機能性食品の開発・製造に関連する企業様に特化した特許セミナーおよび個別相談会を行います。


2016/12/ 2
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo