健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 特集 » 【特集】 スポーツニュートリション 東京五輪に向け急速に拡大する市場

【特集】 スポーツニュートリション 東京五輪に向け急速に拡大する市場


美容・アクティブシニア需要も取り込み成長へ

 我が国のスポーツ人口は増加傾向にある。アスリートだけでなく、中間層やライト層のスポーツ愛好家が増え、スポーツニュートリション市場のすそ野は拡大を続ける。2020年に開催される東京五輪を控え国民のスポーツ熱は高まりフィットネスクラブでも会員数が伸長。なかでも60代以上の会員の増加が目立ち、国民が「健康増進」「美容・ダイエット」に加え「ロコモ・サルコペニア対策(健康長寿の実現)」などを目的としてスポーツにいそしんでいる実態がうかがえる。

 スポーツ栄養に対する関心も高まっていることから、サプリメントや飲料を手掛ける主要メーカー各社ではこの分野の販促を強化。製品を拡充することで高まる期待に応える。市場拡大に向けて動き始めるスポーツニュートリション分野の動向を追った。


フィットネス市場
押し上げる元気な高齢者

 日本国内のフィットネスクラブは増える傾向にあり、こうしたスポーツ施設に対する支出がもっとも多いのは60歳代であることがわかっている。アクティブシニアによる社会参加は増加しているが、高齢者の体力は過去15年間で 5 ~10歳程度若返っているというデータも複数の機関が発表している。日本生産本部が昨年 8 月に発表した「レジャー白書2016」によるとフィットネスクラブの市場規模は4,390億円(前年比1.6%増)で過去最高に。会員数も過去最多を記録した。業績が好調なクラブは有料レッスンやサプリメントなどで収入を増やし、客単価を上げている。なかでもプライベートブランドのプロテイン販売などが成果をあげており、フィットネスクラブの売り上げの押し上げに貢献しているようだ。

 白書について日本生産性本部では「超高齢社会にともなう、国民の健康志向の高まり、東京五輪の開催にともなうスポーツへの関心の高まりが主な理由にあげられる」と分析している。国民のスポーツ志向の高まりは、食文化や外食産業にも大きく影響している。東京・六本木のトータル・ワークアウトカフェ(現トー・・・

(詳しくは11/16発行・第1608号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


11月30日まで 早期割引申込み 「受託製造企業ガイドブック2017年版」

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2016/11/24
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo