健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 行政・業界ニュース » 【連載⑤】初めての機能性表示食品 届出資料作成のポイント 

【連載⑤】初めての機能性表示食品 届出資料作成のポイント 


公益財団法人日本健康・栄養食品協会 機能性食品部課長 原島 健展氏

 今回は、機能性に係る事項「最終製品又は機能性関与成分に関する研究レビュー(以下、研究レビュー)」のポイントについてお話しします。ご存知の通り、機能性表示食品制度は、査読付きの肯定的な論文が1報あれば事業者の責任において、機能性表示食品として届出を行うことができるという非常に画期的な制度です。そのため、公表された機能性表示食品のうち90%以上が研究レビューによる届出となっており、大手の事業者のみならず、中小の事業者からも数多く届出されています。消費者庁から不備事項として指摘を受けやすい項目の中から、機能性に係る2点について説明致します。

① 採用論文に疾病に罹患した者が含まれていませんか?

 本制度において機能性の根拠として、疾病に罹患した者のデータを使用することはできません。但し、特定保健用食品の試験方法として記載された範囲内に限り、軽症者等が含まれたデータについては、例外的に使用が認められております。この場合は、疾病に罹患していない者のデータのみを対象とした研究レビューを併せて実施し、その結果を「別紙様式(Ⅴ)- 4 表示しようとする機能性に関する説明資料(研究レビュー)」及び「別紙様・・・

(詳しくは1/18発行・第1612号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/02/ 1
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo