健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 特集 » 【特集】注目の”健脳”素材 求められる脳の健康サポート

【特集】注目の”健脳”素材 求められる脳の健康サポート

 ストレスや高齢化に起因するとみられる記憶障害や認知症、うつ症状、睡眠障害などが増えている。なかでも認知症罹患率は高齢化に伴い増加傾向にある。こうした中、脳の健康をサポートする製品・サービス分野では現在、官民一体の取り組みが進められている。予防を主とする健康産業界においては、脳の健康をサポートする健脳商材の市場に大きなビジネスチャンスが生まれている。なかでも健脳素材やサプリメントは、機能性表示食品制度を追い風に、さらなる市場の拡大が期待される。

 健康食品分野でも、加齢に伴う認知機能の低下やうつ症状を抑制する、睡眠の質を改善するなど、脳の健康をサポートする素材・商材を提案する企業が増加している。

 なかでも一昨年 4 月にスタートした機能性表示食品制度を受け、イチョウ葉やDHA、GABAなどがいち早く表示を認められ、売れ行きを伸ばしていることから、健脳素材を持つサプライヤーの多くが、臨床試験やシステマティックレビュー(SR)を完了した素材の提案を強化している。

 今回の原料サプライヤーへの取材では、リパミン広報センターと日油が供給するPS(ホスファチジルセリン)、ユニテックフーズのPI(フォスファチジルイノシトール)、築野食品工業のフェルラ酸やイノシトールなどが、機能性表示食品制度に・・・

(詳しくは1/18発行・第1612号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/02/ 1
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo