健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 特集 » 【特集】ミネラル 各年代で摂取不足が顕著 

【特集】ミネラル 各年代で摂取不足が顕著 

 厚生労働省は昨年11月、「平成27年国民健康栄養調査」の結果を発表。これにより、日本人のビタミン・ミネラル充足率の低さが再認識されることになった。中でもカルシウムの充足率は、各年代で推奨量の6~8割程度で慢性的な摂取不足を露呈。若い世代の栄養バランスの偏りもさることながら、40・50代のカルシウム摂取量が過去20年間で100mg以上減少している実態もわかった。調査結果によりミネラル補給は、日常の食品だけではまかなえないことがあらためて裏付けられた。問題解決のカギを握る食品向けのミネラル市場の現状を追った。


新制度見直しには失望の声

 ミネラル欠乏はロコモティブシンドロームに加え、生活習慣病の原因となることからも国主導での 対 策 が 求 め ら れ て いる。これについては、機能性表示食品制度の見直しが注目されていたが、ビタミン・ミネラルの扱いについては対象成分に盛り込まれることはなかった。

 検討会では過剰摂取を指摘する委員の声が根強く、最後まで押し切られた格好に。消費者の知る権利が奪われる形になった。ビタミン・ミネラル関連のメーカーでは「議論の風向きが業界側(の要望)と逆方向になった段階で、機能性表示食品制度への期待を失った」や、「過剰摂取の事例が日本人の実態に合致していないと思う」など・・・

(詳しくは1/18発行・第1612号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/01/31
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo