健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 企業ニュース » 韓国メーカー、対日輸出を年80トンへ N-アセチルグルコサミン

韓国メーカー、対日輸出を年80トンへ N-アセチルグルコサミン

 機能性バイオ素材メーカーのアミコゼン㈱(韓国晋州市)は、日本市場へのN-アセチルグルコサミン(NAG)の供給を強化する。「現在の供給量は年50トンほど。年80トンまで増やすことが目標」(同社関係者)という。

 タブレット、チュアブル、パウダー、ゼリーなどに使用される素材。吸湿性が低いほか、pH範囲が広く褐変現象が起きにくいため、安定性が高い。また融点が204℃となっており、パンやクッキー、ホット飲料など高温加熱食品にも使用できる。塩が含まれず、砂糖の半分程度の甘味を持つ天然甘味素材でもある。

 NAGは関節対応素材として、グルコサミンより生体利用率が高いというデータで注目。日本の大手メーカー各社でも関節対応分野における臨床実験が行われて・・・

(詳しくは2/1発行・第1613号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/02/17
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo