健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 行政・業界ニュース » 「機能性表示」受理企業、200社突破 特保取得企業を上回る

「機能性表示」受理企業、200社突破 特保取得企業を上回る

 機能性表示食品の受理企業数が200社を突破、特保取得企業を上回ったことがわかった。特保は四半世紀をかけて200社に到達したが、機能性表示食品は15年 4 月のスタートから 2 年経たずにそれを超え、驚異的なスピードで参入企業が増加している。ただ整腸系などでメジャー商品が複数ある特保の市場規模との差はまだ大きいようだ。

 消費者庁が今月 8 日までに公表した機能性表示食品の受理数は684品。受理企業総数は206社となった(社名変更した企業や所在地が同じグループ企業もそれぞれ別カウント)。15年 4 月の制度スタートから、平均で 1 ヵ月あたり約10社が追加されている。

 一方、特定保健用食品の許可数は、昨年 9 月の全品調査時点で201社、1271品。このうち 2 社は連絡が取れない企業で、またその後新たな許可品が追加されたが、「許可失効」届出が次々と受理されており、1 月23日時点の品目数は1,154・・・

(詳しくは2/15発行・第1614号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/02/17
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo