健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 行政・業界ニュース » ファンクショナルフード学会 グルコサミン、ブラックジンジャー等の研究成果報告

ファンクショナルフード学会 グルコサミン、ブラックジンジャー等の研究成果報告

 「第13回ファンクショナルフード学会」が先月11日、都内で開催された。当日は医療関係者、健康食品、食品関係者など約60人が参加した。

 順天堂大学医学部生化学・生体防御学の長岡功氏が変形性関節症(OA)の病態評価に使用されている、軟骨Ⅱ型コラーゲン分解マーカーの CTX-Ⅱなどを用いて、大学の各種運動競技部に所属する選手の軟骨・骨代謝を評価した。その結果、バイオマーカーを用いた検討で、各種の運動競技選手の、軟骨・骨代謝が非運動群に比べて変化していることがわかった。またこれまでの試験でグルコサミンの摂取で、Ⅱ型コラーゲンの分解が抑制されることを確認しており、「今回の結果から、Ⅱ型コラーゲンの分解が亢進しているサッカー以外の運動競技選手に対してもグルコサミンがⅡ型コラーゲンの分解を抑制して、軟骨保護効果を示す可能性が期待される」とした。

 プロテインケミカルの山岸淑恵氏は、OAに対して有効性が報告されている機能・・・

(詳しくは3/1発行・第1615号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/03/15
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo