健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 特集 » 【特集】コラーゲン 訴求領域拡大で市場回復へ

【特集】コラーゲン 訴求領域拡大で市場回復へ


褥瘡予防、脳など機能性研究進む

 「美肌」素材として圧倒的な知名度を誇るコラーゲン。訪日外国人によるインバウンド需要やアジアを中心とした海外市場開拓が進み、平成27年度は供給量が回復。近年はロコモティブシンドローム・サルコペニア対策、介護食・ケア食などシニア向け素材としての提案も回復を後押ししている。また、機能性研究では、免疫領域や脳への健康効果なども確認されており、性別・年代を問わない幅広い訴求での新市場開拓も期待されている。


美肌の代表素材、市場回復傾向
輸出37%増、海外市場開拓着々

 「美肌」の代表素材として確固たるポジションを築いているコラーゲン。消費者のコラーゲンに対する“飽き”や他の美肌素材の台頭、飽和感などが供給量減少につながっているという指摘もある一方、本紙が毎年 6 月、12月に実施している健康食品受託加工・製造企業調査では、常に人気受注素材として上位に挙げられる。2015年下半期は植物発酵エキス、青汁に次ぐ 3 位だったが、2016年下半期は高い認知度と体感性を武器に、2 位にランクアップした。

 日本ゼラチン・コラーゲン工業組合は毎年 5 月に同組合会員企業のコラーゲンペプチド販売量を発表。平成27年度は・・・


シニア、スポーツなど訴求領域拡大
褥瘡予防や脳など機能性研究も進む

 美容の大型素材として安定的な地位を築くコラーゲンは、その高い知名度を武器に性別・年代を問わない幅広い訴求へとシフトを始めている。

 新たな用途として特に注目されているのが「骨・関節」「血管」などロコモティブシンドローム・サルコペニア対策。機能性表示食品でも現在19品目のコラーゲン製品が届出受理されており、いずれも中高年向けの骨・関節対応製品だ。

 また骨・関節以外にも、褥瘡予防や脳などに関する機能性研究が進んでいる。ニッピでは、日本褥瘡学会の褥瘡予防・管理ガイドラインにもコラーゲンペ・・・


(詳しくは3/1発行・第1615号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/03/13
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo