健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 行政・業界ニュース » SIP事業・食品機能性と自然免疫シンポ 米ぬか素材など最新研究動向を報告

SIP事業・食品機能性と自然免疫シンポ 米ぬか素材など最新研究動向を報告

 内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のシンポジウム「次世代の食品機能性と自然免疫」が 3 月24日、都内で開かれ、150人が聴講した。

 冒頭、SIP事業の研究代表機関である自然免疫制御技術研究組合代表理事の杣源一郎氏は、「食品の機能性表示制度がはじまったが、日本がオープンイノベーションによって世界に先駆けている分野であると感じる。超高齢社会の進展により医療費の増加は深刻な問題。食品機能には自然免疫力の低下を抑えることで疾患リスクを低減させることが期待されており、研究の進展は社会的にも大きな意味をもっている」とあいさつした。

 琉球大学大学院医学研究科教授の益崎裕章氏は米ぬか由来の機能性成分「γ- オリザノール」が脳機能向上や抗糖尿病に有用である点を解説。視床下部の小胞体ストレス亢進を抑制し、動物性脂肪・・・

(詳しくは4/5発行・第1617号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/04/19
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo