健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 行政・業界ニュース » 【連載28】「機能性表示食品」受理企業の戦略 大手メーカーで採用多数 機能性表示対応『ビフィズス菌BB536』好調

【連載28】「機能性表示食品」受理企業の戦略 大手メーカーで採用多数 機能性表示対応『ビフィズス菌BB536』好調

 森永乳業㈱では、機能性表示食品対応の素材として、『ビフィズス菌BB536』を提案する。今年、さらに採用数が増加し、健康コーポレーション、FANCLといった大手メーカーで立て続けに機能性表示食品が受理されている。同社では、原料の提案から論文、レビューの提供まで機能性表示食品での届出に関するノウハウを駆使し、顧客へのフォローも進めており、商品設計に対するアドバイスも行っている。同社では、機能性表示食品制度の見直しにより、一部糖質、糖類が機能性関与成分として認められることが決まり、ミルクオリゴ糖「ラクチュロース」の受理も期待される。エビデンスデータの蓄積などにより「腸内フローラ」ブームをけん引する同社の戦略を聞いた。

―― 機能性表示食品の受理状況は?

 現在SR済みの原料として『ビフィズス菌BB536』を提案しています。当社の最終製品としては、サプリメント、乳飲料などを上市しており、パッケージに「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える」と表示しています。昨年は、インターネットによる書類の提出など、書類作成に関して変更になったこともあり、全体的に受理されにくい状況でしたが、今年健康コーポレーション、FANCLの商品が立て続けに受理され、さらに商品数が増加しました。自社製品も含め、合計で 9 品が受理されています。現在原料供給メーカーとして、論文、レビューの提供を行い、受・・・

(詳しくは4/5発行・第1617号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/04/20
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo