健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 統合医療 » ホタテプラズマローゲンに軽症アルツハイマー改善作用

ホタテプラズマローゲンに軽症アルツハイマー改善作用

 九州大学名誉教授の藤野武彦氏らの研究チームは先月21日、ホタテ由来プラズマローゲンの経口摂取により、軽度アルツハイマー病(AD)に改善効果があることを確認し、医学雑誌The Lancetの姉妹誌「EBioMedicine」に掲載されたと発表した。

 試験は、60~85歳の軽症ADと軽度認知障害(MCI)の被験者328名を対象に実施した多施設、無作為、二重盲検試験で、ホタテ由来プラズマローゲンを24週間経口摂取後に認知機能改善効果(記憶検査WMS - R)や血漿中のプラズマローゲン濃度の変化などを検討したもの。

 試験の結果、軽症ADでは摂取群においてWMS - Rが有意に改善したほか、軽症ADのサブグループ解析では、摂取群の77歳以下及び女性の症例とでWMS - Rが有意・・・

(詳しくは4/5発行・第1617号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/04/18
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo