健康メディア.com 健康産業新聞

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)がチームとなった業界専門紙。

HOME » 行政・業界ニュース » DgSのサプリ購入層、30代が最多 利用頻度、“週1回以上”が4人に1人以上

DgSのサプリ購入層、30代が最多 利用頻度、“週1回以上”が4人に1人以上

 プラネットが発表した「ドラッグストアに関する意識調査」によると、ドラッグストアでサプリメントなどの「健康補助食品」を購入する年代は30代が26.6%と最多であることが分かった。最も少なかったのは、60代で12.2%となった。

 同調査は、20~60代の男女4,057人を対象にアンケートを実施、ドラッグストアの利用頻度や購入するものなどをまとめた。

 ドラッグストアの利用頻度では、「月 2~ 3 回 」(26.5%)が最も多く、次いで「月1 回」(21.2%)、「週 1 回」(16.3%)の順となった。また、“週 1 回以上”ドラッグストアに行く人の割合を合計すると26.0%となり、4 人に 1 人が週 1 回以上と高い・・・

(詳しくは4/5発行・第1617号で)



ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。

「健康産業新聞」 購読案内

毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中

2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


2017/04/21
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo