ヘッドラインニュース

【話題追跡】日本農業にGAP導入進むか?東京五輪の食材調達コード

開催まで3年あまりとなった2020年東京五輪。今年3月24日に開かれた東京2020組織委員会の理事会にて、東京大会の物品・サービス等についての「持続可能性に配慮した調達コード」が策定され、選手村で提供される食材にはGAP取得が必須となる。世界の農産物流通に関してはすでに活用が進んでいる「GAP」はイオンやローソン、日本コカ・コーラなど大手の導入も進んでおり、改めて注目を集めている。


2012年のロンドン五輪では食材調達を規定した「フード・ビジョン」に「オーガニック」の文言が盛り込まれると同時に、選手村で使う食材についてはGAP認証を得た農場の作物のみが使用された。

「 GAP」と は「 Good AgriculturalPractice」の略で、栽培から出荷まで生産者に遵守が求められるルール。「食品の安全」「環境の保全」「働く人の安全・人権福祉」の 3 つを主な目的としており、欧州を中心に120ヵ国16万件以上の認証農場がある「グローバルGAP」、日本発の「JGAP」ほか、世界各国でいくつもの第三者の審査・認証制度が存在している。

このほど策定された東京五輪「持続可能性に配慮した調達コード」の中で、農作物に関して①食材の安全②環境保全③労働安全の要件が定められ、その適合を 示 す 方 法 と し て 「 JGAP Advance」「GLOBALG.A.P.」または「農水省のG・・・

続きは紙面で→購読申込みはコチラから

媒体紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

健康産業オンライン

ヘッドラインニュース

PAGE TOP