行政・業界ニュース

【主張】流通チャネルの変化にどう対応するか?

通販企業の研究所を訪問したおり、帰り際に、「これだけ暑いと通販の利用が広がりますね」と言われた。このところの極暑で、ビールや冷菓の増産の動きを踏まえたもので、なるほど「通販か」と思いつつ、しかし、家庭用品全般を考えると「(専業通販よりも)アマゾンに集まっちゃうのでは」との結論に。通販といっても、勝組になれるか競争は厳しい。それにしても温暖化と気候変動、水害などで流通チャネルの変化に相関性が生まれるかもしれない。


こうした中で、17年度版の「経済財政白書」が公表されたが、ここでは流通チャネルの革命的な変化に触れている。(詳細、速報7.25)膨大な調査報告のまとめでは「コンビニやドラッグストアーなど立地や品揃えを強みとした流通チャネルが拡大する一方、実店舗からネット販売へのシフトも見られる」と特長を分析している。

具体的な流通チャネルの変化では、16年の売り上げでは百貨店が6.6兆円、量販店が13兆円、コンビニは11兆円と・・・

詳しくは2017年8月2日発行号で!


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. ビタミンC輸入量、2 割増で過去最高 -輸入通関統計速報-
  2. 健康産業新聞 企業ニュース
  3. 全日本健康自然食品協会、2018賀詞交歓会

企業ニュース

  1. 明治、家庭用マーガリン全製品で「トランス脂肪酸」削減へ
  2. 【連載】「機能性表示食品」受理企業の戦略 -㈱ユーキャン サプリメント『快腸肌潤』-
  3. 丸善製薬、ヒハツ抽出物のTie2活性化で特許取得

特集

  1. 酵素・酵母食品、市場は540億円
  2. ゴマ1粒に1%、抗酸化物“リグナン” サプリ、製菓類、スムージー、外食向けなど多用途で採用進む
  3. 健康産業新聞1636_26霊芝
PAGE TOP