特集

【特集】青汁 勢い継続も、差別化の動き活発に

本紙が今年2月に発表した青汁製品の2016年の市場規模は前年比4%増の推計1,050億円推計(前年比4%増)。ドラッグストアなど一部ルートでインバウンド特需の反動が見られたものの、市場全体では成長を持続した。今回各社への取材で2017年上半期の状況も、引き続き青汁製品が好調な動きを見せていることがわかった。本紙が6月に発表した健康食品受託加工・製造企業へのアンケート調査でも、2017年上半期の人気受注素材で乳酸菌、酵素、コラーゲンに次いで青汁は4位にランクイン。下半期見通しも4位と、2017年も通期で青汁製品の成長が見込まれる。


昨年はインバウンド特需の反動などもあって成長率に鈍化が見られたものの、本紙調査では、昨年の青汁製品の市場は、前年比 4 %増の1,050億円推計と 9 年連続の成長となった。また今回の取材では、今年上半期も青汁製品の人気は衰え知らずということがうかがえた。

シェフコ、東洋新薬、九州薬品工業、アピ、日本薬品開発、備前化成、ラシェル製薬、ミナト製薬など、青汁製品の受託加工・OEM供給で実績が高い受託各社への取材では、前年同期比 2 ケタ増の企業を筆頭に、概ね青汁の受託分野は順調に推移しているとの声が聞かれた。本紙が 6 月に発表した健康食品受託企業へのアンケート調査結果でも、2017年上半期の人気受注素材ランキングで青汁素材は、乳酸菌、植物発酵エキス、コラーゲンに次いで 4 位。前回調査より 1 ランク下げたものの、青汁製品の受注が順調に推移していることがうかがえる。

最終製品の動向をみると、店舗ルートでは依然として青汁製品は好調だ。DgSルートで売上トップの山本漢方製薬では、今期は特に『乳酸菌大麦若葉』の売れ行きが伸長しているという。アサヒグループ食品でも薬系チャネルを中心に好調とコメント。ほかにも飲料タイプの青汁製・・・

詳しくは紙面(2017年8月16日発行号)で

 


 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

PAGE TOP