未分類

【健康産業新聞】人工知能で健康寿命延伸へ、研究開発プロジェクト 筑波大学

筑波大学、つくばウエルネスリサーチ、N T T データ経営研究所、N T T アドバンステクノロジは先月30日、A I により健康寿命を延伸し、社会保障費削減をもたらすデータヘルスシステムの研究開発に乗り出すと発表した。


総務省予算で日本医療研究開発機構が実施する「A I を活用した保健指導システム研究推進事業」の大型研究プロジェクトに採択。9 月から、新潟県見附市、茨城県常総市と共同体制を組んで実施する。「世界で初めて自治体の健康政策を支援するA I システムを開発する」としている。具体的には…

詳しくは健康産業新聞9月6日号

媒体紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

PAGE TOP