健産抄

【健産抄】脳と腸の関係は?人類の登場から肉の関わりが映画のように分かる本

「人類はなぜ肉食をやめられないのか」(インターシフト)が面白い。副題に「肉が私たちを人間にした」の方が的確で、人類の登場から今日までの歩みが映画を見るように浮かび上がる。


「脳は体重の2%しか占めないが、安静時のエネルギーの25%を消費する」。その影響をまともに受けたのが腸で、コンパクトになったとの仮説だ。人類の祖先は、草や果物を大量に消化し、エネルギーを得ていたが、そのためには「大きな腸が必要」だった。腸を短くし、脳を大きく成長させるために、蜂蜜や木の実、肉(とりわけ調理した)などの高品質な食物が必要だったと。アフリカに生まれた人類の祖先が、人類の形を整え、世界に広がっていくことと肉の関わりなど。4日から始まる食品開発展でも、腸に関わるセミナーはどれも満杯だが、この一冊は、脳と腸の基本的な関係についても示唆してくれる。ベジタリアンや、自然食品業界の人にも読んでもらいたい一冊である。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. ビタミンC輸入量、2 割増で過去最高 -輸入通関統計速報-
  2. 健康産業新聞 企業ニュース
  3. 全日本健康自然食品協会、2018賀詞交歓会

企業ニュース

  1. マクドナルド_黒烏龍茶_トクホ
  2. 明治、家庭用マーガリン全製品で「トランス脂肪酸」削減へ
  3. 【連載】「機能性表示食品」受理企業の戦略 -㈱ユーキャン サプリメント『快腸肌潤』-

特集

  1. 【特集】<中国地方>カキ、グルコサミン、エラスチンなど有力素材を産出
  2. 酵素・酵母食品、市場は540億円
  3. ゴマ1粒に1%、抗酸化物“リグナン” サプリ、製菓類、スムージー、外食向けなど多用途で採用進む
PAGE TOP