健産抄

【健産抄】脳と腸の関係は?人類の登場から肉の関わりが映画のように分かる本

「人類はなぜ肉食をやめられないのか」(インターシフト)が面白い。副題に「肉が私たちを人間にした」の方が的確で、人類の登場から今日までの歩みが映画を見るように浮かび上がる。


「脳は体重の2%しか占めないが、安静時のエネルギーの25%を消費する」。その影響をまともに受けたのが腸で、コンパクトになったとの仮説だ。人類の祖先は、草や果物を大量に消化し、エネルギーを得ていたが、そのためには「大きな腸が必要」だった。腸を短くし、脳を大きく成長させるために、蜂蜜や木の実、肉(とりわけ調理した)などの高品質な食物が必要だったと。アフリカに生まれた人類の祖先が、人類の形を整え、世界に広がっていくことと肉の関わりなど。4日から始まる食品開発展でも、腸に関わるセミナーはどれも満杯だが、この一冊は、脳と腸の基本的な関係についても示唆してくれる。ベジタリアンや、自然食品業界の人にも読んでもらいたい一冊である。

 

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞1652d
  2. 健康産業新聞165104大人のための粉ミルクb
  3. 健康産業新聞1651号-食品開発展b

企業ニュース

  1. 健康産業新聞165008aチョイソコ
  2. 健康産業新聞 企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞165232北海道b
  2. 健康産業新聞1651雑穀b
PAGE TOP