行政・業界ニュース

8月の健食ネット通販支出、前年同月比53%増

総務省統計局が6日に発表した2人以上世帯対象の「家計消費状況調査」で、8月における健康食品のインターネット通販支出額が前年同月比53%増となったことがわかった。9月29日に公表された家計調査では、昨年8月が記録的な伸びとなっていたこともあり、8月の健康食品支出は25%減。こうした状況で、ネット通販で健康食品が伸びている実態が明確になっている。


家計調査を補完する「家計消費状況調査」は、15年1月分からサプリ剤型の健康食品や化粧品など22品目のネット通販支出額を調査。対象世帯は、家計調査が約9000世帯であるのに対し、「家計消費状況調査」は約3万世帯となっている。

8月のネット通販支出額は1世帯当たり1万1238円で、前年同月比は25・7%増。利用世帯は34・6%で、前年同月から7ポイント上昇した。支出増に寄与したのは旅行関係費や自動車等関係用品など。

詳細は健康産業速報10月11日号

媒体紹介

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. CRN基金、健康食品の広告適正化へ73万ドル
  2. 健食ネット通販支出、10ヵ月連続の2桁増
  3. 「Care Show Japan 2018」注目セミナー

企業ニュース

  1. インフルエンザ、アトピー対策など ユーグレナのエビデンス拡充へ

特集

PAGE TOP