特集

【特集】アクティブシニアサポート 高齢者の低栄養と虚弱、サポート食品で予防

超高齢社会の真っただ中にあるわが国では、団塊の世代が75歳となる2025年には後期高齢者が全人口の18%を占めることになる。また60年には、人口が8,674万人まで減少する一方で、65歳以上は全人口の40%に達すると予測されている。スポーツやレジャーにいそしむ前期高齢者が増える半面、問題視されているのが要介護・要支援状態となった後期高齢者の増加だ。健康寿命延伸が国策として掲げられ、予防医療と健康長寿を経済成長につなげる社会体系を構築するには“栄養と運動”が大きなカギを握る。骨・関節関連のサプリメント市場は1,000億円に迫る勢いで成長。タンパク質やビタミンDなど高齢者栄養をコンセプトとした一般加工食品もチャネルや売り場を拡大している。注目のアクティブシニアサポート食品市場を追った。


◆後期高齢者の「やせ」顕著に

厚労省が発表した国民健康栄養調査では、加齢とともにBMI25以上の「肥満」が減少し、BMI18.5以下の「やせ」が増加している実態が明らかになった。特に後期高齢者でこの傾向が顕著に。女子栄養大学准教授の府川則子氏は「加齢により体重・体水分量・除脂肪量・骨塩は減少し、体脂肪率は増加。骨格筋タンパク質代謝の割合は大きく低下する」と高齢者の身体的変化の特徴を話す。また…

◆アミノ酸、プロテイン、乳酸菌などに脚光

ロコモやサルコペニア、フレイルを予防する食品素材として代表的なのがアミノ酸やプロテイン。スポーツ栄養のみならず高齢者栄養の領域で活発な動きをみせている。今年の注目素材となったHMBもスポーツやダイエット時のタンパク補給だけでなく高齢者向け食品への用途開発が進んでいる。さらには…

◆”若返る高齢者”市場に商機あり

活況を呈しているプロテイン市場。国内市場の8 割はパウダーで飲料やバータイプなどが1 割ずつを占める。現在、300億円程度の市場規模で米国や豪州、北欧などには遠く及ばないが…

 

健康産業新聞10月18日号

媒体紹介

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

PAGE TOP