オピニオン

【健産抄】口腔内の細菌、腸難病の原因?

こんな見出しの記事が10月20日の朝日新聞の夕刊に掲載された。概要は、「口腔内に生息する細菌が腸の中で増えると、クローン病や潰瘍性大腸炎などの難病を引き起こしたり、悪化させる可能性がある」(早慶の研究チーム)ことが動物実験で確かめられ、20日付の米科学誌サイエンスに発表したというもの。

この記事を読んで、京都府立医大の内藤先生の腸内環境セミナー(食品開発展)を聴講された人は、ピンときたはずである。「制酸剤の常用の患者で、口腔内の細菌が、腸に移り生息するリスクがある」。すでに、口腔ケアがさまざまな疾病の要因になるという指摘は、各方面からあるが、制酸剤などを常用している場合、胃酸の作用が封殺されて、口腔内の細菌の移動が可能になるという事は、大いに考えられる話である。一つの予見としての話ではあったが、それを裏づけるような研究成果の発表である。腸内環境の研究が進むと様々な事が分かってくるが、マウスの実験が腸内細菌研究では多用されているようだ。事の顛末はこれからではあるが、予防的に理解すれば、口腔ケアの重要性が理解できる話だ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

PAGE TOP