企業ニュース

米国ウィスコンシン・ジンセン協会と事業提携調印式  皇漢薬品研究所

皇漢薬品研究所は先ごろ、米ウィスコンシン・ジンセン協会との事業提携調印や、同社の供給する米国ウィスコンシン・ジンセン協会「アメリカ人参」の最新動向について報告した。

「アメリカ人参」は、米国ウィスコンシン・ジンセン協会と直輸入契約で提供。味と香りの良さ、有効成分のギンセノシドの含有量が多いことで世界的に高い品質評価を得ている。同社は9 月、同協会と契約更新の事業提携調印式を行うとともに、同協会主催『第1 回インターナショナルウィスコンシン・ジンセンフェスティバル』にも参加。視察に訪れた同社の田坂啓太氏は、「会場の中心街広場は、アメリカ人参を配合したコーヒーやワイン、ビールをはじめ、アイス、チョコ、ハンバーガーなどアメリカ人参一色で、錦織圭選手のコーチで幼少時代からアメリカ人参を愛飲しているマイケル・チャン氏なども参加した」と語った。

続きは健康産業新聞11月1日号

媒体紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞1642b
  2. 健康産業新聞_1637_アドバイザリースタッフ
  3. 健康産業新聞1642話題追跡b

企業ニュース

  1. 健康産業新聞1642p
  2. 健康産業新聞 企業ニュース
  3. 健康産業新聞1642_サンクロレラ

特集

  1. 健康産業新聞1642_プラセンタ
  2. 健康産業新聞_1640_ローヤルゼリー
  3. 健康産業新聞1641_カプセル技術
PAGE TOP