特集

【特集】水素 逆風モロに!市場は3割減の225億円

本紙調査によると、2017年の水素商材の市場規模は、前年比3割ダウンの225億円となった。昨年5~6月のメディアによるネガティブキャンペーンが、ボディブローのようにジワジワと効きつつあったところに、12月の国センの商品テストを受けた年始のネガティブキャンペーン再燃がとどめを刺した。通販や店販など、ここ数年市場の急速な拡大に貢献してきたオープンマーケットが打撃を被った。ライトユーザーが離れ、製品終売や市場から退場する企業も少なくなかった。一方で中盤からは水素吸入器や水素浴装置などの売れ行きが伸長、市場回復の兆しも見られ始めた。また中国を筆頭に海外市場も拡大しつつある。2018年は国内はもとより、海外市場での展開が活発化しそうだ。

9割がネガキャン影響あり アルミパウチ水素水が打撃

昨秋の本紙調査で初めて300億円の大台に到達した水素商材の市場だったが、今回の調査では厳しい結果となった。本紙では今期(2017年度)の水素商材の市場動向を調査するため、メーカー各社に訪問取材およびアンケート調査を実施。

売場の復活、売れ筋アイテム登場で公判から復活の兆しも

急速に萎んだ水素商材の市場だが、今回の取材では、アスリートが対象のスポーツ系、エステやヘアサロンなどの美容系、ペット系、医療機関や治療院向けといったルートは、影響が少なかったことも分かった。

2018年は海外市場に注目

急速に萎んだ水素商材の市場だが、今回の取材では、アスリートが対象のスポーツ系、エステやヘアサロンなどの美容系、ペット系、医療機関や治療院向けといったルートは、影響が少なかったことも分かった。

全文は健康産業新聞11月15日号

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. CRN基金、健康食品の広告適正化へ73万ドル
  2. 健食ネット通販支出、10ヵ月連続の2桁増
  3. 「Care Show Japan 2018」注目セミナー

企業ニュース

  1. インフルエンザ、アトピー対策など ユーグレナのエビデンス拡充へ

特集

PAGE TOP