企業ニュース

物質・製法特許取得の『プロテタイト®』 「骨とアンチエイジング」テーマに用途開拓進む

㈱アールビーエス(東京都中央区)は、「骨密度と骨質」の両方に作用する新規素材として「物質特許」と「製法特許」を取得している『プロテタイト®』の新たな用途開拓を進めている。ロコモ対策素材としての需要に加え、「骨密度と美容」「骨密度と歯の喪失」「骨密度とメタボリックシンドローム」の相関性に関する訴求を強化したことが奏功し、骨・美容・メタボ・デンタルケア等のサプリメントから一般食品分野まで新規の商談が進んでいる。

タイでは、タイ国FDAで認可されたことを機に、『Dr. BOPLUS』のブランドで、会員販売及び、百貨店・薬局での販売が増加している。9月にタイで行われた展示会「Anti-Agingand Aesthetic Medicine2017」では、『Dr.BOPLUS』の展示ブースにプロテタイトの愛飲者である、タイ史上初の女性首相インラック・シナワトラ元首相も応援に駆け付けた(写真)。

『プロテタイト®』は、魚鱗から抽出・精製したミネラル成分と、同魚鱗から抽出・精製したⅠ型コラーゲが沈着結合した複合体で、「骨密度と骨質」の両方を改善するエビデンスが認められた新規物質として、既述の両特許を日本だけでなく、アメリカ・中国・台湾・韓国の国々で取得している。

ウェブ上では一部を公開しています。全文は紙面(2017年12月6日発行・1633号)で ⇒ 購読はコチラ

<関連記事>
→【特集】アクティブシニアサポート 前期高齢者は若返るも後期高齢者の増加深刻
→アールビーエス ダブル特許素材『プロテタイト』 一般食品分野への提案を本格化

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. CRN基金、健康食品の広告適正化へ73万ドル
  2. 健食ネット通販支出、10ヵ月連続の2桁増
  3. 「Care Show Japan 2018」注目セミナー

企業ニュース

  1. インフルエンザ、アトピー対策など ユーグレナのエビデンス拡充へ

特集

PAGE TOP