健産抄

【健産抄】大雪の影響、あちこちに

1月22日はOTC協会の新年会が都内で夜に行われ、参加者は雪をかき分けての参加になった。翌日は、弊社では24日からのケアショー(Care Show Japan 2018)の搬入作業が東京ビッグサイトで始まっていて、翌日も交通事情から地方の出展者、講師、来場者などに影響が出た。

展示会は2020年のオリンピック対策で、工事なども始まり、この時期から随分の多く展示会が前倒しだ。弊社に限らず、色々な企業の悲鳴が届いていた。水曜は日健栄協の新年会が開かれたが、一月は新年行事も多い。スーパーやコンビニの店頭も品切れの状況が続き、配送の遅れや収穫作業の遅れにつながった。気候変動が経済活動に与える影響は年々大きくなっており、企業活動にも深刻な影を投げかけている。

私ごとでは久しぶりの雪かきで、インナーマッスルの心地よい疲労感に満足していたら、ヨガの先生から、雪を持ち上げ体を捻るのが筋肉には負担が大きく、二週間寝込んだ事があるので要注意との説明でドッキリ。ちなみに埼玉では、先週末は最低気温がマイナス10度に迫るような発表もあった。知人に連絡すると水道の破裂などで駆け回っているとの報告。確かに週末は何を着込んでも寒く、天気予報士もジオで勧めていた「ジオストーム」を観た。考えると、少し理解に苦しむ設定でもあるが、気象コントロール衛星の乗っ取りを図る政治家が、どこかのリーダーと重なり、なかなかの迫力でもあった。

<関連記事>
・健康産業新聞【健産抄】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞 企業ニュース
  2. 全日本健康自然食品協会、2018賀詞交歓会
  3. 日健栄協、山東昭子会長(左)、下田智久理事長(右)

企業ニュース

  1. 明治、家庭用マーガリン全製品で「トランス脂肪酸」削減へ
  2. 【連載】「機能性表示食品」受理企業の戦略 -㈱ユーキャン サプリメント『快腸肌潤』-
  3. 丸善製薬、ヒハツ抽出物のTie2活性化で特許取得

特集

  1. 酵素・酵母食品、市場は540億円
  2. ゴマ1粒に1%、抗酸化物“リグナン” サプリ、製菓類、スムージー、外食向けなど多用途で採用進む
  3. 健康産業新聞1636_26霊芝
PAGE TOP