健康産業オンライン

甘酒で便通改善効果など

金沢工業大学は6日、米を原料とする市販の甘酒に便通改善やコレステロール低減効果があるとされる成分が含まれることを確認したと発表した。研究成果は、日本農芸化学会で発表された。

研究チームは、市販の甘酒14種類を分析。難消化性タンパク質の一種で、便通改善やコレステロール排出促進、肥満抑制効果などがあるとされる「プロラミン」の含有量を測定した。

同成分の有効量は1日あたり約113mgとされている。米麹と米のみから製造された甘酒では、コップ1杯分(約150ml)に機能性を発揮する量のプロラミンを含むことが推測された。今後、同成分を高含有する甘酒の開発を目指すとしている。

<関連記事>
・【特集】健康・美容飲料 一般食品系が台頭、サプリ系は鈍化
・【Zoom Up】麹菌素材 甘酒が脚光、海外輸出で 販路拡大に期待高まる

「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞1642_食品分析検査
  2. 健康産業新聞1642b

企業ニュース

  1. 健康産業新聞1642p
  2. 健康産業新聞 企業ニュース
  3. 健康産業新聞1642_サンクロレラ

特集

  1. 健康産業新聞1642_特集_機能性糖質
  2. 健康産業新聞1642_プラセンタ
  3. 健康産業新聞_1640_ローヤルゼリー
PAGE TOP