ヘルスケア

  1. シニア、現役世代、そして「女性の健康経営」へ 経済産業省ヘルスケア産業課西川和見課長

    2007 年生まれの半数以上が100 歳以上生きるという。いよいよ100 歳人生が現実味を帯びてきた。そのときライフサイクルはどう変化するのか。国が目指す「生涯現役社会」の道筋や、中小企業へも広がりを見せる「健康経営」への取り組みを経済…

PAGE TOP