注目の記事

ウェルナス、ナス由来機能性成分でヘルスケア市場参入

ウェルナス(長野県上田市)は、信州大学で発見された機能性成分「コリンエステル」を利用したヘルスケア事業を開始する。信州大学農学部の中村浩蔵准教授が、ナスに神経伝達物質のアセチルコリンが大呂に含まれていることに注目。ラット試験で血圧低下作用などを確認しており…

続きは紙面(2017年9月5日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 「ロコモ」認知度上昇、47%に
  2. 新潟の健康政策、「要配慮者向け災害食」認証立ち上げへ
  3. 機能性表示1品受理、計433品に
  4. はくばく、抗加齢医学会でセミナー 大麦のセカンドミール効果等
  5. 「機能性表示」改善要望、規制改革会議WGで検討へ
  6. 都、健食定期購入契約で救済委員会に紛争処理付託
  7. 食品の用途特許、各社着々と出願 権利化の機会失う例も
  8. カプスゲル、カプセルサプリ提供のバーラウンジ評判に
PAGE TOP