注目の記事

ウェルナス、ナス由来機能性成分でヘルスケア市場参入

ウェルナス(長野県上田市)は、信州大学で発見された機能性成分「コリンエステル」を利用したヘルスケア事業を開始する。信州大学農学部の中村浩蔵准教授が、ナスに神経伝達物質のアセチルコリンが大呂に含まれていることに注目。ラット試験で血圧低下作用などを確認しており…

続きは紙面(2017年9月5日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. ペプチドの国際学術研究会、5月20日より広東省で
  2. インデナ、ビルベリーが網膜症に有効 他社素材との比較試験
  3. 食品免疫学会、11月に都内で 「腸から健康を考える」
  4. 機能性表示235品に マルハニチロ、Mizkanが10品超
  5. 11月に香港でコスモプロフ、過去最高規模に
  6. 特保、日本サプリメント以外「関与成分量は適切」
  7. 抗加齢協会、12月に京都で学術フォーラム
  8. サルコペニア対策、アミノ酸+運動で
PAGE TOP