注目の記事

ウェルナス、ナス由来機能性成分でヘルスケア市場参入

ウェルナス(長野県上田市)は、信州大学で発見された機能性成分「コリンエステル」を利用したヘルスケア事業を開始する。信州大学農学部の中村浩蔵准教授が、ナスに神経伝達物質のアセチルコリンが大呂に含まれていることに注目。ラット試験で血圧低下作用などを確認しており…

続きは紙面(2017年9月5日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. はくばく、抗加齢医学会でセミナー 大麦のセカンドミール効果等
  2. 森永乳業、ラクトフェリンが感染性胃腸炎の発症抑制
  3. アピ、NS工場でハーラル国際認証 海外展開を加速
  4. 帝人の大麦原料採用、都内レストランが新メニュー
  5. ライオン、健康食品の新ブランド「プラスシリーズ」
  6. メガネスーパー、アスタキサンチンで健食市場に参入
  7. 地方独自の機能性表示制度、要望強まる
  8. 熊本県素材活用、6社が都内でプレゼン
PAGE TOP