ヘッドラインニュース

健食製造者の「届出制」浮上

厚生労働省は8日、「第5回食品衛生法改正懇談会」を開催し、食品衛生法改正に関する最終的な提言をとりまとめた。

HACCPの制度化や食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度導入の必要性に言及。さらに、リスクの高い成分を含む「健康食品」について、健康被害防止対策にとどまらず、製造者の「営業届出制度」の創設などを今後の検討課題として示した。

詳細は健康産業速報で

関連記事

  1. 富士経済、「シルバー&シニアフード」の市場調査結果発表
  2. ケンコーコム、アガリクスの安全性調査結果を発表
  3. アスク薬品、メンタル系新素材「ロゼア」の供給開始
  4. 九州地域バイオクラスター推進協議会が27日発足
  5. カナダ、健食市場が急成長 400社で総売上3270億円 主要企業…
  6. 経産省・半田氏、「通販で消費者の利便性拡大」
  7. 大阪府、違法健食から国内初の医薬品成分
  8. 08年度コラーゲン販売量、1割増の4793トン
PAGE TOP