ヘッドラインニュース

健食製造者の「届出制」浮上

厚生労働省は8日、「第5回食品衛生法改正懇談会」を開催し、食品衛生法改正に関する最終的な提言をとりまとめた。

HACCPの制度化や食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度導入の必要性に言及。さらに、リスクの高い成分を含む「健康食品」について、健康被害防止対策にとどまらず、製造者の「営業届出制度」の創設などを今後の検討課題として示した。

詳細は健康産業速報で

関連記事

  1. 米国市場、有機・自然食品が伸長
  2. 06年健食受託企業調査
  3. アガリクス協議会、安全性対応コールセンターを設置
  4. 東京都、危害相談13%減 「美容医療」が年々増加
  5. 議連「健食問題研究会」 石崎会長ら、新法制定で一致 来年の通常国…
  6. ポジティブリスト制度、「家庭菜園からの農薬飛散にも注意」
  7. 富士バイオメディックス、美容室チェーンの無芸塾と業務提携
  8. 千葉県など、産学官共同研究で新規サプリメントを開発
PAGE TOP