ヘッドラインニュース

健食製造者の「届出制」浮上

厚生労働省は8日、「第5回食品衛生法改正懇談会」を開催し、食品衛生法改正に関する最終的な提言をとりまとめた。

HACCPの制度化や食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度導入の必要性に言及。さらに、リスクの高い成分を含む「健康食品」について、健康被害防止対策にとどまらず、製造者の「営業届出制度」の創設などを今後の検討課題として示した。

詳細は健康産業速報で

関連記事

  1. 「フラバンジェノール研究会」、新知見相次ぐ
  2. 国民新党、健食問題を議論
  3. 健食懇、健食ユーザー対象に調査 64%が満足
  4. 静岡県、黒豆茶の商品テスト結果発表
  5. 花王「エコナ」と大正製薬「コレスケア」、併用が有効
  6. 通販協 04年度・通販企業実態調査
  7. 米、3割の子どもがサプリ利用 マルチビタミンが人気
  8. 資生堂、新「ギムリンド」シリーズ展開へ
PAGE TOP