ヘッドラインニュース

18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ

日本スーパーフード協会は2018年上半期のトレンドを予測した「ジャパニーズスーパーフードランキング TOP10」を発表、1位に「IT-はなびらたけ」を選出した。女性ホルモンを活性化する“サイレントエストロゲン”を多く含むハナビラタケの品種という。

このほか、6位に必須アミノ酸9種類をすべて含む「かす床、かす漬け」、9位に「アカモク」がランクインしている。

関連記事

  1. 創健社が会社説明会、「業績回復基調に」
  2. がん患者の健食摂取状況 アガリクスなど支持
  3. 日本製粉、「アマニシリーズ」に2品追加
  4. 茨城県、健食試買調査で医薬品成分検出
  5. 2010年健食支出、11月時点で前年上回る
  6. DgSは「立地」が決め手? ツルハ調査
  7. 日清オイリオグループとアイロムが業務提携
  8. 新食事摂取基準、4月適用
PAGE TOP