ヘッドラインニュース

18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ

日本スーパーフード協会は2018年上半期のトレンドを予測した「ジャパニーズスーパーフードランキング TOP10」を発表、1位に「IT-はなびらたけ」を選出した。女性ホルモンを活性化する“サイレントエストロゲン”を多く含むハナビラタケの品種という。

このほか、6位に必須アミノ酸9種類をすべて含む「かす床、かす漬け」、9位に「アカモク」がランクインしている。

関連記事

  1. 厚労省、ブラックコホシュの利用で注意喚起
  2. NIH、サプリ年鑑にイチョウやエキナセアなど収載
  3. アピ、揖斐川工場が今夏稼動 健食受託急増に対応
  4. 05年人間ドック全国集計 「異常なし」わずか12% 生活習慣病の…
  5. 健食表示検討会、業界団体が有効性表示制度の導入要求
  6. 大豆イソフラボン特保、厚労省が表示変更検討へ
  7. 近畿2府7県、健康危機発生時の協力協定を締結
  8. 自民党・経産部会 健食開発など、地域資源活用促進法案を了承
PAGE TOP