ヘッドラインニュース

AOU研究会に200人超 新JAS、事業者にメリット

第11回Antioxidant Unit(AOU)研究会が20日に都内で開催され、200人を超える参加があった。研究会では4人の演者が登壇。農林水産省食料産業局食品製造課・食品規格室長の松本修一氏は、6月に改正された新たなJAS制度について講演。ビジネスでの活用の可能性を示した。同氏は新たなJASについて、取引の効率化・円滑化、事業者や地域の差別化・ブランド化が可能になると説明。役所主導だったものが、民間からの提案を規格化する“民間主導”の制度であることを解説した。

機能性成分を多く含むことをアピールするため、成分の統一的な測定方法を規格化することも可能。農水省では、規格化の事前相談にも対応しているという。

関連記事

  1. 食品安全委、CoQ10上限値 「設定は困難」
  2. サニーヘルス決算、売上高147億円で苦戦
  3. 厚労省・増田推進官 「成分の届出義務化」報道を否定 「検討予定な…
  4. 「目標マイナス○kg」、根拠なければ健康増進法違反
  5. 台湾産健食からステロイド検出、岐阜県で健康被害発生
  6. 米団体、「サプリで医療費削減可能」 5年で240億ドル
  7. 厚労省、国による健食認証制度「決定した事実はない」
  8. 総医研、博報堂と合弁会社設立へ サイト通じ特保の市販後調査
PAGE TOP