健康メディア.com 健康産業速報

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)による業界専門速報通信。

マンスリーレポート

健康産業速報 マンスリーレポート 5月号

sokuhou_monthly.jpg


クローズアップ


「機能性表示」課題検討会 折り返しで残り5回
有効成分が不明確な食品、「クラス分け案」有力か

 機能性表示食品制度の積み残し課題についての検討会が折り返し地点を迎え、機能性関与成分が不明確な食品については、指標成分と機能性の関連性に応じた「クラス分け案」が有力な提案として注目されている。検討会はあと5回。ただビタミン・ミネラル等の栄養成分の追加については、現在のところ不透明な状況にある。


2016/06/ 1

健康産業速報 マンスリーレポート 3月号

sokuhou_monthly.jpg


クローズアップ


新年度スタート、変わる環境
届出オンライン化、課徴金制度など

新年度がスタートし、健康食品業界に影響を及ぼす各種の制度改正が行われた。制度創設から1周年を迎えた機能性表示食品は、4月1日から届出がオンライン化。新たな製造所固有記号制度も同日施行、こちらも届け出はオンラインで行う。規制強化では改正景品表示法に基づく「課徴金」制度が導入された。一方で、「食品の用途特許」がOKになるという動きもある。


2016/04/ 6

健康産業速報 マンスリーレポート 2016年2月号

クローズアップ

「機能性表示」届出電子化、新たな製造所固有記号など・・・
4月から変わる環境、今月中にマニュアル等を公表

2016/03/ 4

健康産業速報Monthly Report vol.53(7/7)

【クローズアップ 6月の出来事】
「国民の声」で厚労省が回答
国立栄研・健食サイトの商用利用、「一定の条件下で認めている」
 
 年に2回実施していた「全国規模の規制改革要望」を受け継ぐ形で1月スタートした「国民の声」。この中で、国立健康・栄養研究所のウェブサイト「『健康食品』の安全性・有効性情報」について、厚生労働省が「一定の条件の下で商用利用を認めている」と答えた。ただし、素材情報の商品・広告への誤認を招くリンクについては、これまでと同様否定的な見解を示している。(続きは本紙で)

【ピックアップ 6月発売の新商品】
 医療機関向けサプリメントの市場形成が加速している。医療機関専用と位置付ける商材も登場、市場が活発化している。(続きは本紙で)

【速報スペシャル】
待ったなし健康寿命対策、健食の出番到来

 「長寿国日本」といわれる陰で、寝たきりなど要介護状態の問題がクローズアップされている。健康日本21が「健康寿命」延伸の重要性を強く呼びかけたものの、思い切った効果的な対策を打ち出せないまま、日本はこれまでに経験したことのない超高齢社会に突入する。疾病などの「予防」の観点から、健康食品等の活用を含めた健康寿命延伸対策は喫緊の課題だ。(続きは本紙で)

2010/07/ 9

健康産業速報Monthly Report vol.52(6/2)

健康産業速報Monthly Report vol.52(6/2)
【クローズアップ 5月の出来事】
健食通販、逆境でも5%成長
 長引く不況は好調といわれる通信販売市場にも影響。巣ごもり消費が指摘される中、(社)日本通信販売協会が5月12日に発表した2009年度の通販売上高(対象129社)は、前年度比2.4%減の1兆4996億8800万円と伸び悩んだ。しかし、「健康食品」は5.1%増の1724億2200万円となり、品目別で最も高い伸び率を示した。(続きは本紙で)

2010/06/ 2

健食表示検討会、エビデンスレベルを整理

【1430号トップニュース】消費者庁の「健康食品の表示に関する検討会」は18日、特保制度や健食表示の方向性をまとめた論点整理(たたき台)を示した。

【主なニュース】
・厚労省、消除予定添加物名簿を公示
・アピ、中国拠点が始動
・6月に食品免疫学会
・国センの商品テストに反論

他ニュース多数!

2010/05/21
Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo