セミナーツアー情報

【締切】米国最大規模の健康・自然食品展及び店頭視察ツアー

多数のご参加ありがとうございました。定員になりましたので締切とさせていただきます。
◆開催期間:2013年3月8日(金)~10日(日)
◆開催場所:カリフォルニア州・アナハイム(ロサンゼルス郊外)
◆出展社数:3,000社以上
◆入場社数:58,000人以上
◆出展品目:食品全般(肉類加工、冷凍食品、レトルト食品、スープ、惣菜、乳製品、デザート、パスタ・麺類、調味料・ドレッシング)製菓・製パン(チョコレート、ビスケット、スナック、キャンディ、冷菓、ベーカリー)、飲料、機能性食品、健康食品、サプリメント、ヘルスケアビューティケア、化粧品等
アメリカ市場視察(市場分析・商品研究とアメリカ流通動向)
★視察のポイント
1、ナチュラルプロダクツ展示会視察
2、健食関連有力店舗や最新トレンド店舗の視察
3、米国健食市場の全体像を把握するセミナー
★今回の魅力
日程:2013年 3月6日(水)~11日(月)(4泊7日)
訪問先:米国サンフランシスコ、アナハイム周辺
問い合わせ先:参加費等お問合せは
TEL:03-5296-1013 またはメールにてお問合せ下さい。
担当:江渕
旅行主催:㈱ユアーズ・インターナショナル

2012年展示会レポート

npexpo2012.jpgナチュラル・プロダクツ・ウエスト2012

 米国最大規模の健康・自然食品展「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ2012」が3月9日~11日、ロサンゼルス郊外のアナハイムコンベンションセンターで開催された。昨年、この展示会は出展社数1,863社、小間数3,163と対前年5%増で最大と発表されたが、今年はさらにそれを上回り出展社数2000社以上、入場者60,000人以上と過去最大を記録した。

■ω3のさらなる伸長
サプリメントゾーン、素材ゾーンでともに目立ったのがω3で、これまでの循環器系訴求だけでなく、認知症、関節、スポーツなど様々な機能訴求が行われていた。また、消費者のナチュラル志向を受け、“Pure”や“オーガニック”などの表現で、有機溶媒を使用しないで抽出した製品であることを訴求したものも見られた。
■増えるキッズサプリ
ω3はもともと粉ミルクでも配合され、乳幼児に必要な栄養として認知されているが、脳や目の健康のために成長期にも積極的にω3摂取が有効として、親が子供に与える栄養成分として購入する機会が増えており、子供向けにはより飲みやすく、食べやすくしたω3入りグミや飲料、乳製品が数社から出されていた。
■肌だけでなく、髪、爪も含めた美容食品市場が台頭
日本でいう美肌のための食品は5~6年前まで米国市場では見られなかったが、日本市場の影響もあるのか、ここ数年米国でも「beauty from within」とか「beautyinside & out」とかいう訴求製品が見られるようになった。
■グルテンフリーがブームに
今回の展示会場で、最も目立ったフレーズを一つ挙げるとすると「グルテンフリー」だ。以前からグルテンフリー製品は市場に出されているが、これでもかというほどグルテンフリーのGFマークを見かけた。もともと米国市場には、グルテンに対するアレルギーや免疫拒否反応によるセリアック病の人が約10%ほどおり、グルテンフリー食品は必要不可欠な食品なのだが、最近は有名人により「グルテンフリーダイエット」なるものが紹介されたり、グルテンの体に良くないイメージが浸透し、正常な人でもグルテンフリーを選ぶ人が増えているという。

ストアインタビュー

phamaca.jpgファーマカ

「ファーマカ」
薬剤師、セラピストなど専門家がコンサルティングも行う急成長のドラッグストア物販だけでなく、針・マッサージ・ヨガも併設した健康サポートストアの顧客戦略
「レインボー」
オーガニック・自然食品のパイオニア的存在のスーパー厳格な基準と環境重視し、多くのコア顧客の支持を集める商品戦略について


2大特別セミナー

■最新商品トレンドの解説と表示規則について 講師「吉田隆夫氏」
 
食品技術と日本市場も熟知したシアトル在住の食品コンサルタント
■健康食品コンサルタントによる    アメリカサプリメント最新情報

関連記事

  1. 今年のヒット予測のアンケート結果
  2. 「東京ヘルスコレクション」来場登録開始
  3. 健康産業新聞主催 「指摘事項をクリアし、企業の主張を反映。公表後…
  4. 健康産業新聞165501c 健康産業新聞(1655号)11月7日発行 DgS健食販売額1…
  5. 健康産業新聞(1672号)7月17日発行 18年通販調査、健食購…
  6. 中国問題に関するアンケートを開始しました。
  7. 【最終のご案内】コスモプロフ・アジア2015 オフィシャル視察ツ…
  8. アメリカ2大食品見本市視察ツアーのお知らせ

おすすめ記事

  1. 健康産業新聞(1674号)8月21日発行 サプリ「崩壊性」、医薬品基準適用に業界から疑問の声<特集>青汁、北陸、ハラルビジネス、男性サポート商材など
  2. 健康産業新聞(1673号)8月7日発行 トクホ、表示の「公正競争規約」策定へ <特集>関東・受託製造企業ガイド、スーパーフルーツ、アミノ酸、機能性植物油
  3. 健康産業新聞(1672号)7月17日発行 18年通販調査、健食購入率22.6%、スマホ等通販の勢い加速、利用率58%でトップに。<特集>EBS、二日酔い・飲酒対策、胃腸サポート食品、女性サポート素材、CBDなど
PAGE TOP