行政・業界動向

健康寿命延伸に向け、体調改善機器(仮称) の導入を推進 (一社)日本ホームヘルス機器協会

(一社)日本ホームヘルス機器協会(略称HAPI、東京都文京区)は6 月7 日、都内で第66 回通常総会を開催。平成29 年度事業概要報告書、収支決算書、役員改選など全ての議案について承認された。
平成30 年度の事業計画では、今後高齢社会が進むことで健康と病気の中間である“未病” の人々の増加が予測され、健康増進・予防関連市場の拡大及び健康寿命の延伸に向けた新たな事業として、体調改善機器(仮称)の導入に向けた研究の開始を予定。
また、家庭用医療機器の規格の一部改正についての審議や美容機器及び家庭用EMS 機器基準のJIS 制定に向けた取り組み、さらにホームヘルス機器販売員の資質向上のためのセミナーの充実、医療機器等適正広告・表示ガイドの新たな解説書の作成や協会のシンボルマーク・HAPI マークの普及、協会会員増強の取り組みを推進する。

イベント情報



PAGE TOP