企業情報

今冬、化粧品工場が完成予定。幹細胞コスメPBは海外からの受注も好調

今冬完成予定の化粧品製造工場イメージ図

エンチーム㈱( 大阪市北区、06-6365-1790)は、「RCH SC ピュアシリーズ」をはじめ、UnicoCell社製ヒト脂肪間質細胞順化培養液(保湿成分)を配合した幹細胞コスメを展開。PB用の商品として「EHFエッセンス」(初回限定 33mL/20,000円)の販売を今年から開始し、既に海外から大型の受注も入りはじめているという。
同社ではヒト幹細胞を再生医療及び美容に応用し、バイオ新薬の開発等に取り組む、台湾のUnicoCell社製(幹細胞の培養技術で特許(台湾)取得)のヒト脂肪間質細胞順化培養液(保湿成分)を採用している。昨年発売のフラーレンを2%配合した「RCH SC P& F エッセンス」(33mL/28,000円)や、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1を配合のアイクリーム「R C H S C e -クリーム」(15g/18,000円)も好調のようだ。
「EHFエッセンス」はヒト脂肪間質細胞順化培養液に加え、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フラーレン、シンエイクなどの機能性成分を配合。「美意識の高い女性」をターゲットに、より体感性の高い商品として提案している。今年冬には鳥取県境港市に化粧品製造工場が完成予定で、今後PB、OEMに注力していく。

イベント情報



https://www.conceptasia.jp/award2017/
PAGE TOP