新商品

独自の乳酸菌素材配合の養毛剤及び化粧品を展開

「アップ花子」(左)、「アップ太郎」(右)

乳酸菌素材の研究と開発を行う㈱ニチニチ製薬(三重県伊賀市、0120–171-868)では、同社独自の乳酸菌素材「MK-116」を配合した養毛剤『アップ太郎』(男性用)、『アップ花子』(女性用)及び化粧品『ラポーテ チホ』(オールインワンジェル)、『ラポーテ チサ』(ナイトクリーム)を2月1日より販売する。

乳酸菌素材「MK-116」は、乳酸菌「エンテロコッカスフェカリス」を同社独自の加熱処理や酵素処理をほどきした乳酸菌素材。保湿性に優れ、養毛剤としては、頭皮にハリや潤いをもたらす効果が期待でき、さらに乳酸菌の働きで頭皮のオイルバランスを整え、毛髪の成長を促進する。

また、化粧品としては肌の皮脂のバランスを理想的な状態に近づけることで、美容成分を肌の奥まで届けやすいよう環境を整える効果が期待できる。

『ラポーテ チホ』では、その他、3種のコラーゲンとヒアルロン酸、肌に潤いを保つユキノシタエキスなどを配合。また、『ラポーテ チサ』は、植物性スクワラン、シャクヤク根エキスなどの植物成分を配合している。

「ラポーテ チホ」(左)、「ラポーテ チサ」(右)

イベント情報



PAGE TOP