行政・業界動向

エスグラ「エステ感動物語」受賞作が決定

長時間に渡る選考の末、各部門のが受賞作が決定した

(一社)エステティックグランプリ(東京都八王子市、042-634-9003)では3月14日、「第9回 エステ感動物語 最終選考会」を開催。応募総数398作品の中から最優秀作品・優秀作品・準優秀作品が決定した。

「エステ感動物語」は、エステティックにまつわる様々な感動体験などを、エステティシャン部門、学生部門、お客様部門の3つの部門に分けて募集。エステティシャン部門・学生部門では、①学び・成長・努力を感じる、②エスティックへの思い、③利他の精神、④感謝、⑤文章構成力の5つの基準をもとに選考。エステティックグランプリ実行委員会が第一次、第二次審査を行い、最終選考では残った20作品を美容関連のプロのライターなども交えて審査する。

三谷愛理事長は選考にあたり「昨年のグランプリ作品は、エステティックがただ身体を癒すだけでなく、人の気持を変える力をもっていると感じさせる内容で、アンケートでの評価も高く、エステティシャンの心に響くものがあった。今年集まったたくさんの応募作の中から、また素晴らしい作品が選考できるよう、みなさんと進めていきたい」と挨拶。選考会では審査員が事前に行った評価シートの結果をもとに、ポイントの高かった上位作品を読み上げ、互いの意見を出し合いながら各部門上位3作品を決定していった。

上位作品は7月1日に行われるエステティックグランプリセミファイナルの会場で発表される。

 

イベント情報



PAGE TOP