連載

天草市産無農薬ヤブツバキ種子油を使った 化粧品ブランド「Ring-a-Bell」

Ring-a-Bell アマクサ カメリアオイル プレミアム

九州、熊本県の西端、天草諸島。その南西端、下島に位置する天草市河浦町。2018 年6 月30 日崎津集落が世界遺産に登録決定され、大きく注目を浴びました。
㈱アマケンテックはこの河浦町で、世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」とも縁の深い、椿油の化粧品ブランド「Ring-a-Bell(リング ア ベル)」を展開しています。
「Ring-a-Bell」に用いる椿は、熊本県天草市西平地区で採取しています。同地区の椿は樹齢300 年と言われており、天草のキリシタンの歴史とともに生活に根付いています。
また、禁教時代に日本人伝道士バスチャンが、長崎の赤岳山中にあった1 本の椿の木に指先で十字を記したところ、その十字の形が木の表面にはっきりと残ったため、キリシタンたちがその木を「霊樹」として大切にした、という伝説も残っています。

専用ホームページで展開する高品質販促画像

㈱アマケンテックは、天草産椿油の機能性を大学へ研究委託するとともに、全身・毛髪・手指用化粧品の開発や、デザイン性の高いパッケージ、セレクトショップへ向けた販路開拓を行うなど、「Ring-a-Bell」ブランドを積極的に展開しています。
この取組は、地域産業資源を活用した新事業として国の認定を受け、私ども(独)中小機構九州でも応援しています。
近年では、「Ring-a-Bell」ホームページを中心に展開する高品質販促画像を用いた、店舗とネットでのクロス販売提案を行い、製品の特徴として無農薬栽培、純国産であることに加え、スポイトを使用した使い易さ、潤い成分の高さによるスキンケア機能により高い評価を博しています。
地元の生産者や企業、行政と手を組むとともに、上質の感性によって新たな販路を開拓する。そんな同社のチャレンジに今後も注目したいと思います。

(独)中小機構 九州チーフアドバイザー
  篠田 昌人

総合食品卸売業に勤務し小売業支援に携わる。独立後、地域メーカーの販路開拓を推進する一方、地域商社を設立、電気工事業や食品商社に出資し代表を務めるなど一貫した経営コンサルティングを行っている。

イベント情報



PAGE TOP