企業情報

透明ジェルタイプの新基材を開発

「in-cometeics global」では広く注目を集めた

富士フィルム和光純薬㈱(東京都中央区、03-3244-0305)は、「粘りをもたせつつ瑞々しさを保つ」、「ミネラル(塩)があっても粘度が減らない」という2つの特長を持った耐塩性増粘剤「ソルトレラ」を開発。スキンケア、サンスクリーン、デオドラントなどを取り扱う化粧品メーカーやOEM・ODMメーカーを対象に国内外に展開を予定している。国内では5月の「CITE JAPAN」で初披露した。
「ソルトレラ」は、その特性により、乳化系のクリームや化粧水でしか使用できなかったビタミンC誘導体を高配合した透明性の高いジェル化粧品の作成でき、将来的には医薬部外品の添加剤としても検討している。また耐塩性により、塩に反応して粘度が出るため、汗で化
粧崩れしない効果も期待できる。
4 月にパリで行われた展示会「in-cometeics global」でも、海外の多くの企業の注目を集めた。担当者は「欧米など海外の大手化粧品メーカーにも使用いただける基材なので、今後も拡販活動には注力していきたい。天然由来がブームの中、弊社はむしろ有機合成メインで開発しているが、純度が高く、安全性の高い製品を自信をもって提供している。機能に特化した品質性の高い商品として差別化を図って展開していきたい」と話している。

 

イベント情報



PAGE TOP