行政・業界動向

日本独自の魅力がつまった「J-ウエルネス」を海外へ発信(NPO 法人日本スパ振興協会)

NPO 法人日本スパ振興協会が6 月13日、令和元年度総会を開催。総会後には「メガトレンドはウエルネス~拡大するグローバルウエルネスマーケット」をテーマにパネルディスカッション形式の記念講演を開催した。

総会では、2018年度収入支出決算報告・監査報告告、2019 年度事業計画案、収入支出予算案等が審議され、満場一致で可決。令和元年度の事業計画では、スパ&ウエルネスジャパン、World Spa and Well-being Convention への協賛。Global Wellness Summit への参加(予定)。スパアドバイザー検定の開催。琉球大学スパマネジメント講座への参画。Spa Wellness Week への後援などが挙げられた。

総会後のパネルディスカッションでは㈱Conceptasia代表取締役の相馬順子氏、スパ・ウェルネス産業研究家の丸山智規氏、UBMジャパン(株)『DIET&BEAUTY』編集長江渕敦の3名が登壇。東アジアで初開催となる「グローバルウエルネスサミット」、「World Bathing Day」などのイベントをはじめとした国内外のウエルネス事情に言及。さらに独自の文化や素材など、日本ならではの魅力を活かした「J-ウエルネス」の海外への発信が提言された。

イベント情報



PAGE TOP