ダイエット&ビューティーフェア

【PR】ダイエット&ビューティーフェア 2020年度フォーカステーマが決定

美容と健康の総合展示会「ダイエット&ビューティーフェア(アンチエイジングジャパン・スパ&ウエルネスジャパン)」の2020年度のフォーカステーマが「ダイエット」「睡眠」「グッドスイーツ&グッドカーボ(体に良いおやつと糖)」の3テーマに決定した。同展示会では会期中、関連したイベントやセミナー、特別企画の実施を予定している。

テーマの一つ「ダイエット」では、これまでに様々なトレンドが発信され、近年では適正な糖質を摂取する“糖質制限”や“筋トレ女子”などに注目が集まった。素材ではプロテインが市場をけん引し、酵素や乳酸菌なども引き続き人気のようだ。2018年のダイエット訴求商品市場は1,667億円(見込)で前年比12.2%増、フィットネスクラブ市場にいたっては7年連続で市場規模を拡大。ダイエットサプリメントやクリーム、痩身機器、VR等を活用した最先端のプログラムや解析機器など、市場に上梓された多彩なラインアップの出展を予定している。

「睡眠」は、“運動”、“栄養”に次いで女性のウエルネスライフに欠かせない要素として重要視され、長期の睡眠不足は生活習慣病をはじめとする様々なリスクを招くとされている。中でも日本は世界主要28ヵ国で最も平均睡眠時間が短いとされており、厚生労働省の発表する「国民健康・栄養調査」によると約2割が「この1ヶ月間、睡眠で休養が十分にとれていない」と回答しており、増加傾向にある。近年、メディアでも数多く取り上げられ、視覚や聴覚などあらゆる感覚に働きかける“眠り“にこだわったホテルも登場して話題に。ビッグデータにもとづく分析や睡眠導入を促進するプログラム等の睡眠改善サービス、良質な睡眠をサポートするサプリメントやアロマ、寝具、ベッドに至るまで、“睡眠”に関するビジネスが一堂に会する。

「グッドスイーツ&グッドカーボ(体に良いおやつと糖)」では、 現代人の食事のバランスを整えるため、食事と食事の間に摂取する「間食」の重要性が指摘され、予防医療やQOL向上の手段としても期待されている。様々な機能性を持ち、栄養バランスにも優れた美味しく体に優しい“おやつ”の数々を取り上げる。

同展示会では現在2020年度の出展社を募集しており、今回発表されたフォーカステーマに基づくオプション企画も準備している。

詳細は下記より

イベント情報



PAGE TOP